1163

うち車は無いんですが、一応来客用に駐車スペース(1台分)がありまして、最初ただの砂利だったのがどこからか飛んできた芝生の種がしげってしまい、いつのまにか芝生に覆われてしまいました。

この芝生がほっとくと20cm近く伸びてしまうので、年に2、3回刈り込みばさみで草刈りするんですが、そもそも刈り込みばさみで芝生を刈るって無理がありますね。

毎回えらい大変な手間と時間がかかるので、さすがに今年は手間を減らそうと芝刈り機の導入を検討しました。

いわゆる芝刈り機というと混合燃料で動くエンジン式を思い浮かべますが、うちの場合は車1台分のスペースを刈ることができればいいので、もっと安価で安全な電動式にすることにしました。

色々とリサーチしたところ、電動式にも充電器で動くコードレスタイプと、電源コードのあるタイプの2種類があることが分かりました。

最初コードが邪魔と思いコードレスタイプを検討しましたが、バッテリーが重いのと駆動時間の短さ(おおよそ平均20分程度)、そして価格帯の高さから電源コードタイプにすることに。

電動草刈り機も種類が沢山あるんですが、バッテリータイプは本体とバッテリー、充電器を合わせるとだいたい3万~5万程度なのに対し、電源コードタイプは下が6,000円からなのです。

6,000円なら多少性能に問題があっても納得できるだろうと思ったんですが、全く十分な性能で、車1台分程度のスペースなら5分~10分もあれば処理できてしまいます。

回転部分は刃ではなく1~2mm径のナイロンコードなので、最初ちゃんと刈れるのか心配だったんですが、切るというよりは粉砕する感じで、短い草は粉々になって四散してしまいます。

正直僕が刈り込みばさみでチマチマ切るよりよほど綺麗に刈れてしまう。。

僕は普段、多少手間がかかっても機械に頼らず自分でやった方がいい、と思っている方なんですが、へんな意地をはらずもっと早く買えばよかったと後悔しきりです。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキングへ


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ