3643

これ「カメノコテントウ」という名前で、テントウムシというとだいたい3mmや5mmくらいですが、この巨大テントウムシは1cmを超えます。

1cmというと小指の爪くらいの大きさがありますから、実際目にしてみるとその大きさに一瞬たじろぎます。

img1
アリの大きさが約4.5~5mm程度なので、なんとなく大きさがイメージできるでしょうか。

じかに動いているのを見ると結構迫力があります。

北海道から本州、四国、九州と全国的に分布しているらしいので、それほど希少種ではないらしいんですが、僕は生まれて初めて見ました。

黒い光沢のあるボディに橙色の斑点が警告色っぽいですが、農作物からアブラムシ等を食べてくれるので益虫とされているそうです。

それにしてもなんで今まで見たことがなかったのか不思議な、珍しそうで珍しくないテントウムシでした。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!



人気ブログランキング


とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!


にほんブログ村 漫画ブログへ